左藤玲朗さんのガラス


雨がやみました。

キラキラ光の下で見てもいいけれど、

薄暗い室内で見るのも好き。

同じ器であっても、まるで違うもの。




1